女の子の乳首をビンビンに感じさせる、最高に気持ちいい!おっぱい愛撫7ステップ

こんにちは。

あなたの魔女っ子マコです。

ところであなたは、おっぱいは好きですか?

「あたりまえじゃないですか~おっぱいを嫌いな男なんてこの世にいませんよ! マコさんっ!」

「僕は……美乳くらいが好きですね」

まあ……おっぱい愛撫が好きな男性は、宇宙の星の数ほど多いでしょう。

しかし、あまりにもおっぱいが好きすぎて、乳房ばかりを愛撫している男性はこの世にすごく多いです。

でもそれだけだと、残念ながら女性はちっとも気持ちよくありません。

あなたは、女性は『乳首』が性感帯であることをご存知でしたか?

「あっ! たしかに乳房は脂肪だからあまり感じないって、僕の彼女も言ってました!」

「乳首も僕は大好きですよ! いつもちゅーちゅー吸い付いています^^」

乳首は性感帯の一つなので、女性はとても感じます。

なので……おっぱい愛撫の際は、乳首を上手に愛撫できるか否かで、女性が下すあなたへのHの評価は、『月とスッポン!!』といえるほどの違いがでることをお忘れなく。

しかし、いくら乳首が感じるからといって、あまりにもそこにばかり執着して愛撫してしまうと、女性に痛がられてしまう可能性もあるので要注意!

それでは、今から正しい乳首愛撫についてご説明してまいります。

そもそも、乳房は感じないの?

まったく感じない! というわけではありませんし、大好きな人に手のひらでやさしくソフトタッチされれば、それなりに心地よいのはたしかです。

しかし、前述のとおり乳房(おっぱい)はあくまでも脂肪なので、愛撫してもその刺激が肌へと伝わりづらいのです。

なので、感度はほぼないといわれています。

あなたが一生懸命におっぱい愛撫ばかりしても感覚神経に左右しないため、女性はあまり気持ちいいと思えないんですね。

じゃあ、なんで乳首は感じるの?

乳首には感度をつかさどるマイスネル小体という神経があり、さらにその奥にはパチニ小体という受容体が存在しています。

 

マイスネル小体…乳首の表面に存在する触覚に敏感な感覚神経

パチニ小体…乳首の奥に存在する圧に敏感な受容体

 

そのため……マイスネル小体やパチニ小体のそれぞれに適した愛撫方法によって乳首を刺激することで、彼女を乳首愛撫だけで「はっふぅーん♡」なんて感じさせることが可能なわけです!

乳首の表面にあるマイスネル小体は触覚に敏感ですから、やさしく舐める・指で触るなどの愛撫がおすすめ!

その奥にあるパチニ小体は、圧迫や振動に敏感なので、乳首をぎゅっとつまむ(あくまでも女性の反応を見ながら)とか、つまんだ指でバイブレーションをおこすなどして、奥まで刺激を与えるのが有効です。

「ほぉ~!!さすがは魔女っ子さん! 乳首ひとつにしても、とっても奥深いんですね~^^僕は、おっぱいばかりしゃぶっていましたぁ~今後は、乳首も攻撃してみます!!」

ええ、ええ。

女体とは、あなたが想像する以上にずっ~~~と奥深いものなのです。

マイスネルやパチニといったそれぞれの神経に有効な愛撫法をきちんと行うことで、むやみやたらにおっぱい愛撫するよりも、ずっ~~と大きな快感を女性に与えることができるのですから。

これによって、女性の乳首はどんどん勃起していくので、中には1センチ近くも乳首が勃起した!なんて女性もいるのだとか。私も実際にAVを観ていて思うのですが、乳首を勃起させながら感じている女性の姿って、女からみてもめちゃめちゃエロいし、もっと感じさせたい! なんて思いますよね(笑)。

イヤでも乳首をびんびんに勃起させる愛撫法とは!

乳首が一回りも勃起して大きくなると、視覚的にもかなり興奮しますよね。

でも、女性はそんな自分を「イヤぁ~~恥ずかしい!」なんて思ったり言ったりもします。

でも、そんなふうに彼女が恥ずかしがるたびに、あなたはもっとびんびんにさせたくなるのではないですか?

だって乳首は、びんびんになるほど感じるのはたしかなのですから。

まあ……乳首は敏感な性感帯なので、くれぐれも力の加減には気をつけてくださいね。

もしも彼女の乳首が勃起していて、彼女が「痛い!」と言わない限りは、感じていると思ってよいでしょう。

では早速、イヤでも彼女の乳首をびんびんにして感じさせまくる方法をステップ式でご紹介したいと思います。

彼女にはバレないように、お友達にもぜひシェアしてくださいね。

彼女の乳首をびんびんにして感じさせる方法7ステップ

STEP.1
乳首の表面にあるマイスネル小体を刺激するように、中指の腹でやさしく乳首の根元を円を描くようにさすります。これによって女性はくすぐったくも快適な気分になります。
STEP.2
彼女が声をあげるなど感じてきた様子がみられたときは、同じ場所を舌先でちろちろと舐めて刺激しましょう。
STEP.3
人差し指と中指の指で(Vサインするように)乳首を挟みましょう。挟んだ指を左右に小刻みに動かしてバイブレーションします。

これによって乳首の奥まで刺激できます。

※強さについては好みがあるので、女性の反応をうかがいながらやってみてください。

STEP.4
親指と中指でやさしく乳首をつまみます。奥にあるパチニ正体を意識しながらやさしくつまみましょう。
STEP.5
つまんだまま、やさしく左右にねじってみましょう。

ねじる際、パチニ小体だけでなく、表面にあるマイスネル正体も刺激できるため、女性にとっては倍の快感を得ることができます。

※このとき、くれぐれも力加減にはご注意ください。乳首はとても敏感な性感帯であり、男性の力は女性にとってはかなり強いということだけは、しっかりと覚えておいてください。

STEP.6
①~⑤の愛撫のなかで、どの愛撫がいちばん感じるかをよく観察しておきましょう。彼女好みの愛撫を多めに取り入れながら、5分間ほど乳首愛撫をつづけましょう。
STEP.7
慣れてきたら、片手で乳房を愛撫しながら、もう一方の指で①~⑥までの乳首愛撫を繰り返します。同時愛撫によって、彼女にプロフェッショナルな愛撫ができる男だと思わせることができます。さいしょはなかなか難しいと思いますが……自分の乳首を触って練習してみたり、人形などを使って練習するなどしてみてください(笑)。

~終わりに~

いかがでしたでしょうか。

今日は、『イヤでも乳首をびんびんにして感じさせる胸愛撫7ステップ』をご紹介しました。

「マコさん!よく胸の小さい子のほうが愛撫したときの反応がいい!って聞くけど、あれはなんで?」

えっへん!!
それはですね……巨乳の女性は場合、ほとんどが脂肪なので乳房を触ったときの刺激が皮膚(感覚神経)へと伝わりづらいのでしょう。

でも、小ぶりのおっぱいの女性だと脂肪が少ない分、触られた感覚が皮膚へとダイレクトに伝わるため、反応が大きいのだと思います。

でも『乳首』ならば、おっぱいの大きさには関係なく感じやすい性感帯なのでご安心を!

レクチャーした7ステップで、彼女の乳首をびんびんに勃起させましょう~^^

 

くどいですが……

感度については、女性によって個人差がありますし、好みの強弱もそれぞれ違います。

愛撫する際は、女性の反応をまめにチェックしながらおこなうようにしてくださいね。

今日の記事は参考になりましたか?

また私の記事を楽しみにしていてくださいね。