Gスポットでオーガズム!女の子の中イキ性感帯を確実に見つける方法

こんにちは。魔女っ子マコです。彼女が悦ぶクリトリス愛撫でイカせられるようになったら、今度はGスポットでイカせられるようになりたいですね。

主に女性の性感帯はクリ→Gスポット→ポルチオの順番に開発されるといわれていて、その快感もどんどん強くなっていくようです。

Gスポットでさらに深い快感を女性に味わってもらうためにも、今回はGスポットについて詳しくなりましょう。

Gスポットって何?

Gスポットとは、女性の性感帯の一つで、膣内の膣上壁に存在するもの。もともとGスポットは、ドイツ人の産婦人科医だったエルンスト・グレーフェンベルク氏により命名され、論文でGスポットの存在を発表した、なんて歴史があるようです。

それまでは、女性の膣内は無感覚とも言われていましたが、今では女性が中イキするためには欠かせない性感帯となっています。Gスポットは、的確な位置を押さえて上手に刺激することで、クリトリスでイク以上の快感を与えられるともいわれています。つまりは、女性が中イキするためには、必ず開発しておきたい性感帯といえるでしょう。

Gスポットってどこにあるの?

Gスポットを開発するためには、まずはその的確な位置を知る必要があります。

一般的にGスポットは、膣口から指を4、5㎝ほど入れた膣上壁(恥骨側)に存在します。しかし、その場所には個人差があり、女性によってはもっと浅い場所に存在したり、奥にあることもあります。

Gスポットの探し方

前述の通り、女性のGスポットの位置には個人差があるとお話しました。その女性のGスポットを探すためには、人差し指や中指の腹をつかって、Gスポット周辺をくまなく愛撫して探す必要があります。

まずは、指の腹を使って、Gスポット周辺をやさしくなぞるように愛撫したり、指圧するなどして、どこでいちばん感じるのかをキャッチしていきましょう。

 

Gスポットを探す際は、がしゃがしゃと指を雑に動かすのはNGです。雑な愛撫だと、女性の快感は鈍ってしまうので、Gスポットの的確な位置を見つけることはむずかしいでしょう。

 

Gスポット周辺を愛撫する過程で、女性の喘ぎ声が大きくなったり、体をびくつかせて反応させるなどの大きなリアクションがあったら、そこがGスポットである可能性が高いです。あとは、指の腹でピンポイントに圧を加える、撫でる、指を前後に動かすなどの刺激を加えて、女性好みの愛撫方法でイカせるようにしましょう。

Gスポットの開発方法

Gスポットの位置や探し方がわかったら、いよいよ本格的な愛撫をして開発していきます。そこで、Gスポットを見つけた後の開発方法をステップ式にてご紹介します。

STEP.1
撫でる&押す
これはGスポットのベーシックな愛撫方法といえます。Gスポットの位置がわかったら、そこを集中的に撫でたり、押したりしてみましょう。

この時、力加減に気をつけるのがポイント。

Gスポットを含む女性の性感帯はとても敏感でセンシティブです。そのため、指で刺激する際、あまりにも強く愛撫してしまうと女性に痛みを感じさせてしまうこともあるので要注意。

男性の力は基本的に女性に比べて強い傾向があるので、最初はうんと力を抜いた状態で愛撫してみるのがおすすめです。

撫でる・押す、の刺激を繰り返してみて、女性がGスポットの愛撫に慣れてきたら、今度は次の愛撫でGスポット開発を目指しましょう。

STEP.2
指を前後に動かす
女性はソフトな刺激に慣れると、次に少し強い刺激を求める傾向があります。Gスポットを指で撫でたり、押したり圧迫するなどのソフトな刺激を与えると、今度は「イキたい」という願望をもつようにもなります。

そこで、必要になってくるのが指を前後に動かすといった愛撫です。まずは、中指をゆっくりと挿入し、指の腹がGスポットにしっかりと当たるように意識しながら指をゆっくりと前後に動かしていきます。

その際、女性の反応を見ながら、女性好みの強さと速さで動かすのがポイント。女性がイキそうになったら、その速さと強さを維持してイカせるまで続けましょう。

 

もし一本の指では物足りないという女性がいた場合は、人差し指と中指の2本を挿入し、同じようにゆっくりと動かしていきましょう。大事なのは女性好みの速さと強さで刺激することなので、いきなり強く刺激することだけは避けてください。

STEP.3
バイブレーションする
指を前後に動かして一度女性をイカせた後は、今度は指でバイブレーションを起こして一段階深い刺激を与えるのがポイントです。指の腹をGスポットに当てたら、肩全体を小刻みに動かしてGスポット全体へ振動を与えていきます。振動が小刻みであればあるほど、Gスポットだけでなく、下半身全体までじわっ~と広がるような快感を与えることができます。

バイブレーションを起こす際は、女性好みの速さ・力加減を意識しましょう。前の愛撫で一度イッた女性は、このバイブレーション刺激でさらにイキやすくなります。

注意点

Gスポットを指で愛撫する際は、爪は事前にカットし、清潔な状態で愛撫することがマナーです。爪はカットするだけでなく、きちんとやすりがけまで行いましょう。なぜなら、爪や指のケアをしていないと、爪でうっかりとGスポットを傷つけてしまったり、膣内に細菌を発生させてしまうなどのリスクもあるからです。

そうなれば、性感帯が開発されてオーガズムを味わってもらうどころか、セックス嫌いにさせてしまうこともあるので要注意。

 

なお、指でGスポットを愛撫する際は、ピンポイントに指の腹がしっかりと当たるように意識しましょう。指を動かす際は、最初はゆっくりと動かしていき、女性の反応を見ながら徐々にスピードや力加減を上げていくのがポイント。

女性に膣内で深い刺激を味わってもらうためには、じわじわと刺激を強めていくことを心掛けるとよいでしょう。

おもちゃを使ってGスポットを開発するのはあり?

iroha petit

愛撫に自信がない人は、おもちゃを使ってGスポットを刺激するのがおすすめです。バイブを上手く使用することで、女性をスムーズにGスポットイキさせることが可能になります。

そこで、「バイブを使う際に女性に引かれた!」なんてことがないように、可愛いデザインのものや、柔らかい素材のものを選ぶのがポイント。

女性によっては、バイブの好みは別れるものなので、バイブを使用する際は「使ってもいいのか」「どんなものがよいか?」など事前に確認をとりましょう。

 

また、いきなりおもちゃを女性の膣に突っ込むのではなく、まずはキスや上半身・下半身愛撫などの前戯でたっぷりと行い、女性の性感を高めるようにしましょう。指や舌でクリトリスを愛撫し、一度イカせた後でおもちゃを使用すると、膣の性感がアップしている分、女性はイキやすくなります。

また、女性によっては膣が乾きやすく、痛みを感じやすいので、こまめに唾液やローションで膣を濡らすように気をつけてください。

Amazonで見る

まとめ

以上が「Gスポットでオーガズム!女の子の中イキ性感帯を確実に見つける方法」でした。今までなんとなくGスポットを刺激していた人やGスポットで彼女を中イキさせることができなかった人は、この機会にGスポットの的確な位置・刺激方法を見直してみることをおすすめします。

もしもGスポットを開発することができたら、今度はポルチオ開発に向けて、さらなる快感を味あわせるのもよいかもしれませんね。では、またお会いしましょう。