「セックスがめんどくさい…」。男子には言えない!女の子がセックスを面倒くさがる理由って?女性がセックスを面倒くさがったときの対処法

こんにちは。魔女っ子マコです。普段は、彼氏・パートナーからセックスの誘いを受けると嬉しいのに、「今日は、セックスするのが面倒くさい…」、と思う日がなぜか女の子にはあります。

 

男性の中には、SEXをしたくて誘ったのに、彼女に断れて「ショック!心傷ついたわ~」なんて経験をした人も多いことでしょう。

 

せっかく男性がお誘いしているのに、セックスを断ってしまう女の子は、いったい何を考えているのか…。今回は、セックスが面倒くさいと思っている女性の心理について解説します。

セックスを面倒だと思う女性は多いの?

セックスにまつわるアンケートや、私の周囲の女性の意見を参考にしてみると、「セックスを面倒」と回答している女性は、半数以上にも及ぶようです。それに、海外に比べて日本人カップルのセックスレスの比率は非常に高いことでも知られています。

セックスを面倒くさがった結果、セックスレスになるカップルは少なくありません。

 

「セックスがあまり好きじゃない」、という理由で彼氏の誘いを断る女性も中にはいますが、「セックス自体は好きだけど、日によっては面倒くさいから断る」という女性も結構います。このタイプの女性は、とくに彼氏を嫌っているわけではなく、その日の気分やストレス状況、ホルモンバランスに影響されてそう言っている可能性大です。なので、あなたのことを嫌っているわけではないので安心してください。

 

日本家族計画協会(16~49歳の男女3000人を対象にした調査)によると、既婚者カップルの「セックスレス」の割合は、過去最高の44.6% に達した、なんて報告もあります。

仕事やプライベートで疲れやストレスを感じる女性が多かったり、既婚歴や付き合いが長いカップルほど性欲を失いがちなので、その結果、セックスを面倒くさいと感じる傾向が高いのかもしれません。

 

参考:日本家族計画協会「男女の生活と意識に関する調査」2014年

 

女性がセックスを面倒くさがる4つの心理

では、具体的に女性がセックスを面倒くさがる心理は何なのでしょうか。女性がセックスを面倒くさがる主な理由には、以下の4つが挙げられます。

 疲れている、早く寝たい

これは、男女共通して言えることですが、疲れているときは、セックスするよりも早く寝たい、と思うのが本音ではないでしょうか。

そもそもセックスする気力や体力がないのに、セックスを求められても面倒なだけですよね。

学生のように若かったり、時間が十分にある場合は、明日の仕事の心配をする必要もないので、なんとかなる部分もあるでしょう。しかし、今を生きる働く女性たちは、かなり疲れている傾向にあります。

 

実際に私の周りでも、「疲れているときはセックスが面倒」「とにかく寝たい」なんていう女性の意見が多いです。ちなみに、疲れの原因は仕事やプライベート、ホルモンバランスの影響や体調、だったりとさまざま。女性が疲れているときは、セックスよりも睡眠ファーストであることは覚えておきましょう。

仕事や家族関係に悩みがある

これは、その人の性格・気質にもよりますが、誰でも大きな悩みを抱えているときは、それだけで頭の中がいっぱいになるので、セックスする余力がなくなるのは事実でしょう。

かりに、そのモチベーションでセックスしても集中できないので、結局セックスを楽しめずに終わることになります。

大人になればなるほど、仕事への責任やストレス、プライベート(結婚・離婚・子育て)に関する悩みは絶えないもの。

 

あまりにも深く悩んでいるときは、「そもそも人に会いたくない」、と思う人も少なくありません。

そんなときに、セックスばかりを求めてしまったら、どうなるでしょうか。女性は「自分は、大切にされていない」「この人は、体目当てかも…」と思ってしまうでしょう。

女性が悩みを抱えているときは、セックスよりも、やさしくハグしたり、親身に相談にのってあげた方が女性はずっと喜ぶ、ということを忘れないでくださいね。

性欲そのものが湧かない

これは、同棲や結婚生活が長いカップルによく見られるケースです。一つ屋根の下にずっと一緒に住んでいると、次第に家族のような関係に慣れてしまいますよね。

すると、付き合い当初のような性欲を抱くこともなくなるのではないでしょうか。

 

しかし、決して愛情がなくなったというわけではなく、毎日一緒に生活していることで、「いつでもセックスできるという安心感」から、頻繁にセックスする必要性を感じなくなるのでしょう。

そのため、パートナーにセックスを求められたとき、「わざわざ今日じゃなくても……」、「今日は、面倒くさい」と思うのかもしれません。

 

しかし、上記のような状態がずっと続くと、セックスレスになってしまうので要注意!

例え性欲が湧かない日でも、レスにならないようにスキンシップをとったり、話し合ってセックスの頻度を調整するなどしてみましょう。

パートナーとのセックスが気持ちよくない

これは、パートナーにはとても言いづらい理由の一つです。しかし、実際にパートナーとのセックスが「満足できるものでない」、「気持ちいいと感じられない」という理由で、自然とセックスを避ける女性は少なくありません。

体の相性が悪いと、自然とセックスする意欲を失うので、わざわざ気持ちよくもないセックスをしたいとは思わないですよね?

そのため、パートナーが率先してセックスしたくなるような、そんな愛撫方法を身に付けておくことが大切です。

 

女性がセックスを面倒くさがったときの対処法

いくら女性がセックスを面倒くさがるからといって、その先ずっとセックスできないのは、男性として納得いきませんよね。

もちろん、セックスを無理強いすることはよくありませんが、もしもパートナーがセックスを面倒くさがったときは、「やさしくハグ&キスする」、「愛情アピールをしながら“その気”にさせる」のが有効です。

人は、誰でもスキンシップをされると脳内に「セロトニン」という幸せホルモンが分泌されます。すると、「もっと触れ合いたい」という欲望を引き出すことができます。

まずはやさしく女性をハグしたり、彼女の悩みを聞いたり、励ましてあげると、あなたへの愛しい気持ちがこみあげて、セックスにつながることも多いようです。

 

ポイントは、かりにセックスをしたくても、彼女にガツガツした気持ちを見せないこと。

男性に比べて、女性が欲情するには少し時間がかかるといわれています。そのため、まずは愛情表現からスタートしてみて、女性のエロスイッチが入るタイミングを見計らいましょう。

 

▼女性を本気で感じさせるテクニックはこちらセックスで女性を本気で感じさせるための簡単な3つのコツ

まとめ

女性の性欲とメンタル面には、密接な関係があることをご理解いただけたと思います。

なので、女性とセックスをする際は、いきなり誘うのではなく、まずは「スキンシップで癒してあげる」、「愛していると言葉で伝える」などの愛情アピールを忘れないでくださいね。