おっぱいのGスポット(スペンス乳腺)の見つけ方と愛撫のやり方8ステップ

こんにちは。魔女っ子マコです。 あなたは、おっぱいのGスポットとも呼ばれる「スペンス乳腺」をご存知でしょうか?

 

「そんな用語は、初耳ですね。おっぱいの性感帯は、乳首だと思っていました!」

「スペンス乳腺……?なんだか、ものすごい性感帯みたいですね。もっと、詳しく教えてくださ~い」

 

セックスにおけるおっぱい愛撫は、基礎中の基礎ですよね。だけど、大体の人はなんとなく揉んでいるだけではないでしょうか?それだと、正直いって女性はぜんぜん気持ちよくありません。せっかく揉むなら、女性がおっぱい愛撫で気持ちよくなれるように正しく揉んであげたいですよね。

今回は、おっぱいのGスポットともいわれるスペンス乳腺の基礎知識や愛撫方法についてご紹介してまいります。

女性が感じるのは乳首とスペンス乳腺!

女性がおっぱいで感じる場所は、「乳首」と上記で紹介した「スペンス乳腺」だといわれています。巨乳の女性のおっぱいを愛撫するとき、うれしくて乳房ばかりをモミモミしていませんか?残念なことに、女性の乳房全体の感度はあまりよくはありません。なぜなら、乳房は基本的に脂肪でできているため、乳房をどんなに刺激しても敏感な神経にまで届きづらいからです。そのため、女性におっぱい愛撫で感じてもらうためには、乳首とスペンス乳腺を愛撫するのがポイントということになります。

スペンス乳腺でなに?

スペンス乳腺とは、おっぱいのGスポットといわれるほど女性が感じる性感帯の一つです。

おっぱいの性感帯というと、だいたいの人が乳首を想像するのではないでしょうか?

確かに、乳首はとても感じやすい性感帯であり、第二のクリトリスともいわれるほど敏感な場所です。しかし、おっぱいには、乳首だけでなく、もう一つの性感帯が存在するといわれています。それがスペンス乳腺です!このスペンス乳腺を正しく愛撫することができれば、アソコはビチョビチョの状態になり、女性の快感を数倍アップさせられるともいわれています。

スペンス乳腺て、どこにあるの?

「スペンス乳腺」といわれても、一体どこにあるのか見つけられない人も多いのではないでしょうか?スペンス乳腺の場所は、脇の下のくぼみからアンダーバストにかけてのライン上にあるといわれています。

このスペンス乳腺がある場所は、リンパや神経が集中する場所でもあるので、女性がとても感じやすいという特徴があります。

 

スペンス乳腺を刺激する5つのメリット

スペンス乳腺を刺激することで、女性にとっても男性にとっても大きなメリットがあります。

①サイズに関係なく女性を気持ちよくできる

「スペンスの乳腺」は、胸が小さくても大きくても万人の女性に存在するもの。なので、おっぱいが大きくなくても、そこを刺激することで女性をたっぷりと感じさせることができるでしょう。おっぱい愛撫が気持ちいいと、女性の期待感は高まるので、下半身愛撫をされたときや挿入されたときの感度もアップします。

②バストアップに繋がる可能性あり

乳首やスペンス乳腺など、おっぱいの性感帯を刺激することで、女性は快感により脳が刺激されやすくなります。すると、脳が「お乳を出しなさい」と指令を出すため、バストアップに有効な「プロラクチン」というホルモンが分泌されやすくなります。このホルモンが分泌されると、乳腺の発達が促されて脂肪が育つきっかけにもなるようです。おっぱい刺激により、彼女も気持ちよくなってバストアップにも繋がれば、男性諸君にとってもウハウハな気分ではないでしょうか。

 

③セックスが盛り上がる

通常は大きく分けて、スキンシップ→キス→胸愛撫→アソコ愛撫という流れでセックスをすすめる男性が多いでしょう。せっかくキスまで盛り上がっていたのに、胸愛撫のプロセスであまり感じない乳房ばかりモミモミされると、せっかく高まっていた快感は冷めてしまいます。

女性は、一度快感が冷めてしまうとなかなか復活するのが難しいといわれています。しかし、胸愛撫で乳首やスペンス乳腺を上手く刺激することができれば、女性は興奮のあまり、あなたの愛撫がもっとほしくなります。愛撫が気持ちいいと、セックスも盛り上がりますよね。そのうち、女性の方から「もっとぉ~触って!」なんて言ってきて、エッチに貪欲な姿勢を見せてくれるかもしれません。

④胸開発につながる

女性は体を開発されることで、これまで以上にセックスであなたの愛撫に感じやすくなり、短時間でイキやすくなります。しかし、女性の開発を促すのはアソコ愛撫だけではありません。おっぱい愛撫を上手におこなうことで、女性の体は十分に開発される可能性大なのです。

胸愛撫で体を開発された女性は、おっぱいをちょっと愛撫されただけでも、アソコが濡れ濡れ状態に……なんてことも多いので、胸愛撫はかなり重要ともいえるかもしれません。

⑤セックスでイカせやすくなる

女性の体はとてもデリケート。なので、毎度イケるとはかぎりません。それに、女性の中には、オナニーでは短時間でイケるのに、実際のセックスではイケない、なんて人も少なくありません。しかし、乳首やスペンス乳腺などの性感帯を上手く刺激してあげることで、女性の興奮度は高まり、いつも以上にあなたの愛撫にも感じやすくなります。すると、胸開発にもつながり、最終的に女性がイキやすくなるなどのメリットもみられるでしょう。

女性が感じるスペンス乳腺の愛撫のやり方8ステップ 

スペンス乳腺の基礎知識も深まったところで、女性が感じやすいスペンス乳腺の愛撫方法についてご紹介してまいりましょう。

STEP.1
指や舌先で乳首をやさしく愛撫し、女性をたっぷりと感じさせましょう。
STEP.2
スペンス乳腺の場所(脇の下~アンダーバストのライン上)を指先でやさしくソフトタッチしていきます。そこで、女性がいちばん感じる場所と力加減を探りましょう。

※男性は女性よりも力がやや強い傾向にあるので、うんと力を抜いた状態でやさしくタッチしてみてください。

STEP.3
女性がピンポイントで感じる場所、力加減がわかったら、そこをピンポイントに指の腹でやさしく刺激していきます。
STEP.4
これを一分ほどおこないましょう。
STEP.5
反対側のスペンス乳腺も同じように、指の腹でやさしく刺激していきます。
STEP.6
今度は、スペンス乳腺を舌先でやさしくなぞるように舐めていきましょう。

※女性の反応を見ながら、女性がもっとも感じる速さと力加減で刺激してください。

STEP.7
これを一分ほどおこないます。
STEP.8
反対側のスペンス乳腺も、同じように舌先でやさしく舐めて刺激しましょう。

ポイント

指の腹や舌先でスペンス乳首や乳腺を愛撫するときは、とにかくやさしく、ゆっくりと愛撫するのがポイント。あまり早く動かすると、女性の感度が鈍って興奮させることができなくなります。

指や舌をゆっくりと丁寧に動かすことで、女性の愛撫への期待感を高めることができ、よけいに興奮させることができるのです。指と舌の愛撫のどちらが感じるのかをしっかりと確かめたうえで、女性の好みの愛撫を多めに取り入れてみるようにしてください。

終わりに……

以上が「おっぱいのGスポット(スペンス乳腺)の見つけ方と愛撫のやり方8ステップ」でした。「これまでは、おっぱいの性感帯を意識せずにモミモミしていた……」なんて男性は、この機会にスペンス乳腺をしっかりと刺激してあげて、女性が「胸イキ」できるように努めてくださいね♡

 

▼女の子の乳首を、もっとビンビンにして感じさせたい人はこちら女の子の乳首をビンビンに感じさせる、最高に気持ちいい!おっぱい愛撫7ステップ