膣の「上つき・下つき」の違いと判断方法。「上つき・下つき」それぞれの女性が感じるオススメの体位

こんにちは。魔女っ子マコです。いきなりですが、あなたは膣の上つき・下つきについてご存知ですか?

 

「ええと、なんとなくはわかるのですが……違いを聞かれると、はっきりとは答えられませんね」

「上つきか、下つきかで気持ちいい体位が変わるのですか?教えてください」

 

パートナーとセックスをしている際、ある体位だと女性の反応が悪くてすごく痛がられるのに、ある体位だと反応がよくて気持ちいいといわれる。そんな体験がありませんか? それは、膣が上つき・下つきかの違いにあります。

 

今回は、女性の膣の上つき・下つきの違いや、その確認方法、おすすめの体位についてご説明してまいります。

「上つき・下つき」の違いって?

女性の体形には個人差があるように、膣の位置にも違いがあります。女性の膣が上つき・下つきかで気持ち良くなれる体位が違うので、知らなかった方はセックスの前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

ちなみに、膣の「上つき・下つき」の違いとは、膣口がクリトリス側(上の方)についているか、お尻側(下の方)についているかの違いです。上の方についていれば上つき、下の方についていれば下つきということになります。

「上つき・下つき」を判断する方法

前述のように、膣口がクリトリス側(上の方)についているか、お尻側(下の方)についているかで膣が上つき・下つきかを判断することができます。しかし、具体的な判断方法としては、肛門から膣までの距離が4センチ以上ならば上つき、4センチ以内であれば下つきと判断できるようです。もしもメジャーなどを持っていない場合は、手軽に図る方法としては、全身が見える鏡の前に裸の状態でまっすぐ立ってみましょう。そのときワレメがくっきりと映った状態であれば上つき、そうでない場合は下つきと判断することができます。

 

ほかにも、女性がオナニーをするときに「上つき・下つき」かを判断することも可能です。膣が上つきの女性は、仰向けで足を伸ばした状態でも指を膣内に入れやすいなどの特徴があるようです。もしも、上記の状態で無理なく膣愛撫がしやすいなら自分の膣は上つきと判断してもよいかもしれません。

 

「上つき・下つき」の割合について

膣が上つきか、下つきかは、個人差があるということは先に述べました。同時に年齢によってもその割合は異なるようです。一般的に40歳以下の女性の膣には下つきが多く、その数は1体4ぐらいの割合だそうです。

一方、40歳以上の女性の膣は、上つきが多いことで知られています。年齢が上がってくるにつれてお尻に重力が出て膣が上つきになりやすい、などの特徴も考えられるのかもしれませんね。

とはいえ、年齢だけで膣の位置を断定することは不可能なため、実際に触る、メジャーで図るなどして確認してみることをおすすめします。

「上つき・下つき」を把握するメリット

膣の「上つき・下つき」を把握しておくことで、女性にとってどんな体位が感じやすく、どんな体位が感じにくいのかを把握できます。セックスで体位が変わるごとに挿入しづらい、ひどい痛みをともなうという女性は、もしかしたら膣の位置によって、適していない体位でセックスしている可能性があります。

早速、「上つき・下つき」のそれぞれの女性に向いている体位について詳しくご紹介していきましょう。

「上つき」の人におすすめの体位と理由

膣が上つきの女性は、膣がお腹側に位置しています。そのため、上つきの女性に対しては、ペニスが高い位置にきやすい体位が挿入しやすくておすすめといわれています。

①正常位

正常位は、女性が仰向けになって足を広げることで、膣が上の方を向いた状態になります。上つきの女性にとっては、さらに膣が上を向く状態になるので、とても挿入しやすい体位といえるでしょう。それに、メリットは挿入のしやすさだけではありません。正常位は、上つきの女性にとって、ペニスが抜けづらいなどのメリットもあります。そのため、挿入後にはげしく腰を動かしてもペニスが途中で抜ける心配もなく、ピストン運動に集中して女性に快感を与え続けることができます。

②対面座位

膣が上つきの女性には、対面座位もおすすめです。もともと、膣が上つきの女性にとっては、後ろから挿入するよりも、向かい合った状態での挿入がしやすいです。対面座位は、両手いっぱいにスキンシップがしやすく、女性に愛情を感じさせやすい体位としても人気なので、お互いにキスしたり、スキンシップをしながら、挿入の一体感を味わうことができるでしょう。

一方、下つきの女性の場合は、膣の位置がお尻側にあることから、対面座位だと挿入がしづらいともいえます。下つきの女性と対面座位を行う際は、女性のお尻を自分の方にぐいっと引き寄せてから挿入するなどの工夫が必要です。

 

▼対面座位で気持ちよくなる方法はコチラ妊活にもおすすめ!?彼女ともの凄い一体感が味わえる体位2選

 

③騎乗位

上つきの女性には、騎乗位もおすすめの体位です。上つきの女性は、膣が前の方についているので、男性の視覚に入る分ピストンしやすい、女性から挿入しやすいなどのメリットがあります。とはいえ、下つきの女性であっても、騎乗位ができないわけではありません。しかし、下つきの女性は、膣がお尻側についていることから、男性の腹部に座るような姿勢になります。そのため、挿入がしづらい、上手にピストン運動できないなどのデメリットもあるようです。

 

膣が上つきの女性であれば、男性が腰を突き上げるたびにより深い挿入感を覚えたり、女性の方から自由に腰を動かすことで気持ちよくてオーガズムに達することも可能でしょう。

「下つき」の人におすすめの体位と理由

膣が下つきの女性は、膣がお尻側に位置しています。そのため、膣が下つきの女性に対しては、男性がお尻側から挿入できる体位が挿入しやすくておすすめといわれています。

 

①バック

バックは、膣が下つきの女性にとっておすすめの体位です。お尻をパートナーに突き出すことで、男性はより後ろから挿入がしやすくなり、女性は快感を得やすくなります。膣が上つきの女性もバックができなくはありませんが、膣がお腹側(前方)についていることで、後ろからは挿入しづらい、ピストンの途中に抜けやすいなどのデメリットもあるようです。

もしも、下つき女性がバックをするときは、より腰を突き上げるなどして、ペニスが抜けないように工夫する必要があります。

 

 

②背面座位

背面座位とは、対面座位の逆パターンで、座った男性の上に女性が後ろ向きに座った状態で挿入する体位のことです。バック同様に、お尻側からの挿入が可能なため、下つきの女性にとっては、挿入のしやすさが大きなメリットです。

男性が腰を動かすことはむずかしい一方、女性自らが積極手的に膣の気持ちいい場所にペニスを当てて腰を動かすことができます。そのため、女性にとっては気持ち良いポイントを探りやすい体位ともいえるでしょう。

おわりに

以上が「膣の上つき・下つきの違いと判断方法。女性が感じるおすすめの体位」でした。女性の上つき・下つきをしっかりと把握しておくことで、それぞれに適した体位でセックスをする、女性が痛みを感じる原因を知り今後のセックスを工夫する、などの対応もできると思います。ぜひ、参考にしてみてください。