あなたの周りの意外なビッチの共通点は「心の穴」だった?

あなたの身の回りに、「この子、エロそうだな」と思うような子はいますか?

目の前にいるオフショルダー、露出の多い子ですか?それとも渋谷で泥酔している女子大生?

露出の多い子がビッチ…というのはあるかもしれませんが、ビッチってただエッチな子、そんな風に考えるのはちょっと早計かも。

「なぜビッチなのか」考えた時、今まで気が付かなかった意外なビッチたちの存在に気がつくことができるかもしれません。

今回はそんなビッチたちの意外な特徴について、いくつかお教えいたします。

 

家族好きな子は「寂しがりやビッチ」…?

例えば、家族をとても大切にしている子。

家族が好き!という子は、親からも大きな愛を持って育てられていることが多いので、家族をとても大事にします。

そういう子が実家住まいの場合は、箱入り娘的に育ち、年齢の割に貞操観念の強い子も多いです。

しかし、そういう子がひとり暮らししている場合。

大好きな人たちと一緒に生活していた環境から切り離された時、そういう子の「寂しがりや」な部分が助長されることがあります。

家族が好きな子は、高い確率で寂しがりやなのです。

愛情をたくさんもらって育っているので、家族からの直接的な愛情の供給が途絶えると、それを恋愛で埋めようとします。

そういう子がセックスによる「愛情の確認」にハマることがあります。

家族と仲良しで、でも家族と離れて一人で住んでいる…という子には、埋めがたい心の穴が空いている時があるのです。

 

自称サバサバ系は「自己承認欲求ビッチ」

よくいる男勝りで、「私、女っぽくないので」ということを自分から主張してくる自称サバサバ系女子。

こういう子は男性に甘えるのが上手ではない場合が多く、ビッチとは対局の位置にいるような気がしますよね。

しかし、そんな自称サバサバ系女子こそ、「セックス」にハマってしまう時があるのです。

サバサバ女子たちは、普段の生活の中で女らしくすることを恥ずかしがります。

しかし、もちろん中身は女性であるわけなので、心のどこかで「甘えたい」「女らしく振る舞いたい」という願望もあるはずなのです。

そんなサバサバ女子たちが唯一「女」でいられるのが、セックスなのです。

セックス中は行動のすべてがセクシャリティ。

セックスをしている間だけは、相手は男性であり、自分は女性…。

その瞬間にハマってしまった時、サバサバ女子たちは一気にエロくなるんです。

サバサバ女子の女らしさを引き出してあげれば、その子はあなたとのセックスに夢中になるかも。

 

頭のいい女ほど、妄想力が高くてエロい?

世間的なビッチのイメージといえば、「股がゆるい=頭が弱い」みたいなところだと思っていませんか?

それもまあ確かではある…のですが、ビッチレベルで言えば、頭のいい女の方がその想像を遥か越えてビッチである可能性が高いです。

頭のいい女はプライドが高い人が多く、「簡単に釣れると思うなよ」という雰囲気をもろだしにしてきますが、これはただの見栄っ張り。

頭のいい人は想像力豊かな人も多いので、セックスに対しても向上心のある人が多いんです。

エロを追求している人は、みな「妄想力」の高い人です。

この人、服を脱いだらどうなるんだろう、舐めたらどんな声で喘ぐんだろう。

頭のいい女性はそういうことを考えこそしても、それを誰もかれもに言うことができないのです。

「頭がいいこと」による孤独に気づいてもらえて包み込まれた時、彼女たちは急にそのエロさを開放してくれることでしょう。

 

心の穴を持つ人はセックスにハマりやすい

今回挙げさせて頂いた女性たちに共通点を探すとしたら、それは何かしらの「心の穴」を持つ女性たちである、ということだと思います。

寂しい、誰かに分かって欲しい…そんな気持ちを埋めるために、セックスにハマる隠れビッチたちは、思ったよりあなたの近くにたくさんいるかもしれません。

女性は、性欲を満たすためではなく、女としての自分の存在を確認するためにセックスをすることも多いです。

そういう女性は、セックスをセックスと割り切っていることも多いので、面倒ごとになりづらく、地雷率も低いのです。

もしもあなたが、割り切った関係を持ってくれるセフレをお探しなら、心に穴のある美女を探してみたらどうでしょう。

遊びなれている美女なら、割り切って体の関係を満喫してくれると思いますよ。皆が気づかない心の穴にさえ気づいてあげら
れれば、美女すら手に入れることができるというのは、セックスだけではなくモテるためにも必要なライフハックかもしれませんね。