露出の多さ=ビッチではない?清楚系の子の方が落としやすい理由

梅雨になり最近は女子の肌たちも身を潜めていますが、季節は初夏。

暑い日は急に、隠れていた女子たちの脚や肩が急にひょっこりはんして、電車や繁華街で目を引いたりしますよね。

そんな「夏の女子の露出」ですが、クラブやバーのナンパで、露出の多い女子に狙いを定めたのに、ナンパ失敗…なんて経験はありませんか?

 

露出が多い=ビッチではない!?

露出が多い子にナンパして断られて、「そんなにノリ悪い感じなら露出なんてするんじゃねーよ!」なんて思ったこと、ありますよね。

それはその子が「なんのために露出しているのか」というところが、あなたの認識と違ったからなのです。

露出の多い女の子の中でも、「モテるため、男に媚びるため」に露出する子と、「自分を美しく魅せるため」に露出する子がいるのです。

 

ギャルは自分のために露出している!

巷では「ヤリマン」キャラの頂点に立っているギャル。

なぜかというと、彼女たちは露出が多いからですね。

短いスカート、モロ見えの谷間。

そんなに自らの体を露出しておいて、ビッチじゃないなんて言わせない…というのが男性の総意でしょうか。

https://ec.sod.co.jp/prime/videos/?id=KMVR-036

こーんなギャルたちも中にはいますが…

実はギャルたちは、「男性のため」ではなく「自分のため」に露出している子が多いのです。

 

理由は簡単。

ギャルたちのこのファッション、2000年代こそよく見かけたものの、最近はごく少数派ですよね。

街のトレンドといえば…

出典(https://wear.jp )

こんな感じでヘルシーでナチュラルな服が今の女性服のトレンド。

じゃあギャルは全くトレンドを追っていないのかというとそういうことではなく、ギャルももちろんおしゃれが好きだしトレンドを追ってるんです。

 

i thought u into my life 💭 woah ! look at my mind 💡⚡️🙈

Ariana Grandeさん(@arianagrande)がシェアした投稿 –

https://www.instagram.com/p/BjdEcCbn_T3/?taken-by=arianagrande

 

ギャルたちが追っているのは日本のトレンドではなく海外セレブたちのトレンドがルーツだったりします。

 

To every little monster on the planet who feels different. So do I. And we have each other. Forever 💕

Lady Gagaさん(@ladygaga)がシェアした投稿 –

https://www.instagram.com/p/BhVx0RyB1xX/?taken-by=ladygaga

海外では胸見せもヘソチラもガンガンファッションカルチャーとして受け入れられているので、どんだけ豪快に谷間が見えていても「ヘソチラ=ビッチ」になったりしないのですが、日本ではあまり露出の激しいファッションがメインカルチャーとして受け入れられていないので、露出が多いとすぐに「ん?ビッチかな?」と思われてしまうのですが…。

ギャルたちは海外のセクシーセレブにあこがれて露出の多い服を着ているだけなので、男性にボディタッチしてほしくて脚を出しているわけではないんですね。

 

ビッチの確率は「清楚そうな露出女子」の方が高い!

では男性のために露出している人がどんな子かというと、「男性が好きな清楚感はありつつ、露出もしっかりしている」という女子です。

清楚・コンサバな服は好んで着ているというより「モテるために」着ているという女子が大半のはず。

オフショルダーの白トップス、膝上の女性らしいフレアスカート、ノースリーブのワンピース。

黒髪ロングや、巻きおろしの茶髪の子。

よくいる風なのに、ちょっとボディタッチが多い。

押したらヤれそう。

そういう子が真の「露出系ビッチ」なのです。

一見するとギャルよりもしっかりしていそうに見えるものの、彼女たちはそのしっかりして見える感は「男性ウケがいい」ということを分かってやっているのです。

ですから、尻軽そうなギャルよりも、モテそうな清楚系の子の方が、結果的にビッチである可能性が高いのです。

 

露出のあるなしより、本質を見抜け

要するに、露出のあるなしでは本質的にその子がビッチかは見抜けないということです。

夏になると肌の露出の多い子も増えてきますが、ストリートやバーで、クラブでのナンパの際は、露出の多さだけではなく、その子の言動や行動をよく見るとナンパ成功確率がアップしそう。

どう見ても男性に対して貪欲な子は、見れば分かります。

バーの中でも品定めをするかのように周りをキョロキョコしたり、胸を寄せるような仕草をしたり。

そういう行動の中にある「見た目では分からないビッチ感」を見抜いて、今年の夏は最高のアバンチュールをお過ごしください。